日本の英語教育はむしろマイナス

私は学生時代にホームステイをしながら留学して英語を学んでいたことがあります。そこで気がついたのは、英語を話す事への勉強のアプローチが日本人は間違っているのではないかと感じました。義務教育で習ったような文を一生懸命になって話しても上手く相手には伝わらず、逆に簡単な単語と表情やジェスチャーなどで伝えようとする方が相手には理解しやすかったみたいです。留学先で感じたのは日本人が勉強している英語は頭の中で考えてから話すクイズ問題の回答をいうような気がしてしまいました。英語で会話をするという事は、日本語も同じですが相手に伝える手段であって2才の子供が知っている少ない単語でも難なく生活出来るのは、相手に伝える事が出来ているからだと思います。日本人は義務教育で英語を勉強する時は「This is a pen」など文法などから勉強しますが、その事が逆に英語での会話を苦しめてしまっているのだと感じました。「英語を話す」と言うよりも「英語で話す」という簡単なイメージを持ち、相手に言いたい事を伝える。コミュニケーションを取るという感覚が大事だと私は留学をして思いました。それから欧米人からすると、日本人は英語が出来ないというイメージが確実に浸透していました。なので人見知りになって目上の人と話すようなガチガチな会話をしてしまうと、相手も嫌がって心を閉ざして何も伝わらないので、日本人が思う少しふざけ過ぎかなというぐらいの外国人のイメージで話すぐらいがちょうど良かったです。その方が相手もリラックスして話を聞いてくれますし、英語が苦手ならと相手が頑張って理解してくれましたし、返答も同じようなレベルに合わせて会話をしてくれました。残念ながら日本の義務教育の英語はマイナスと言っていいほど良くないものですが、小さな子供が言葉を覚えて行くように会話から少しずつ日常で使う言葉を覚えて行く事が大事だと私は留学をして思いました。