留学カウンセラーとの関係

留学する際には、留学エージェントを介して学校を選んだり手続きをする人も多いでしょう。留学エージェントのカウンセラーは本人が留学経験者であることがほとんどで、語学が堪能といった理由のほかに、自分が経験したすばらしい留学経験を他の人にも体験してほしいといった目的で仕事を選ぶ人も多いので、あなたの心配事や悩み相談にも、自分のことのように親身に応じてくれますね。
実はカウンセラーとの関係は出発後にも続きます。たとえばもし渡航後に困ったことがあってカウンセラーに連絡しても、日本からではできることにも限りがあるので、カウンセラーは現地駐在員や学校のスタッフに対応をお願いすることになるのですが、仕事とはいえ他人に何かをお願いするのは誰でも心苦しいもの。必要最小限のマニュアルどおりの対応になるか、それとも多少無理をしてもあなたの希望をかなえてくれるようあなたに代わって誰かにお願いをしてくれるか、あなたとの関係性にかかっているといっても良いでしょう。先々のことも考えて、留学準備が無事整ったらお礼を伝え、現地に到着した連絡は欠かさないようにしましょう。