映画好きはロサンゼルスに留学しよう!

今年も三月になって恒例のアカデミー賞の発表がありましたね。毎年自分もかなり期待をしながらワクワクして楽しんでいるのですが、実際にアメリカ国内のみで発表されている作品も取り上げているので、意外性のある作品が選ばれることもあってそういった作品が日本でこの後に上映されたりするのも映画好きとしては有り難い話だなと思っています。さて今年で日本で流行った作品でアカデミー賞を取りそうな作品と言ったら、マッドマックスでしょうと自分も思っていましたし、専門家もかなり予想をしていました。日本での興行収入はさすがに一般向けではなかったのかそこまで大ヒットをしなかったのですが、作品性などの分析などの深い論議は映画が封切りされてからも様々にネット上で見られたので、受賞も確かに出来るだろうと思っていました。結果的には最多部門として6冠を得たということになり、惜しくもV8のごとく8冠とはならなかったのですが、それでもあれだけ熱のこもった作品がアカデミー賞を受賞したというのは大きな快挙だと思いました。
私がそもそも英語学習に力を入れ出したのも映画のおかげ。そしてロサンゼルスに留学することになったのも映画のおかげ。そしてハリウッドに近いLanguage Systems Internationalという語学学校を選んだのも、口コミで評判だったというだけでなくハリウッドに近いというそのロケーションがあったからこそ。そう考えると、私の人生はハリウッド映画からたくさんのものを得ています。
映画好きの皆さんは、留学するなら絶対ロサンゼルスが良いと思いますよ!