主体性のある留学生に期待

近年日本の教育でもビジネスの現場でも英会話ができるようになることが意識されてきていますが、私は残念ながら日本人の多くは英会話ができるようにはならないだろうとみています。その主な理由は、日本人には周りと違うことを行うことを非常に恐れる人が多く、またそのために常に他者の視線や評価を気にしている人が多いように思われるからです。

母語ではない英語で会話をするということは、やはりかなり勇気のいる行動ですし、失敗を恐れていたら絶対に英会話はできるようにはなりません。すでに述べたように、日本人は周囲の評価を非常に気にする傾向がありますから、失敗する可能性の高い英会話を自ら進んでやろうとする人はなかなか少ないでしょう。社会人はまだしも、他者の目を非常に気にする中高生などはさらにその傾向が強まるでしょう。このことが、これだけ英語教育の意識が高まっているにもかかわらず日本人の多くが英会話ができない主な理由であるように思います。日本人で英会話ができるのは、主体性があり、周囲の評価を気にせず、失敗を恐れずに英語を話そうと思える人だけなのです。

そういった意味では、留学生には期待しています。なぜなら、留学したということは主体的に日本を飛び出し、チャレンジしているということだからです。事実、留学すれば英語に触れる機会はとても増えますし、失敗をすることもたくさんあるでしょう。でもそういった経験を乗り越えて英語が話せるようになるのです。これこそは留学のメリットともいえますので、留学生は帰国後も周りを変えるような存在になって欲しいと思っています。